颯爽と歩くのに必要な要素を考えてみました。

歩幅を広く。

颯爽と歩くには、歩幅を広くすることが大事です。

ちょこちょこ歩くより大股でさっさと歩くほうが颯爽と見えます。

それだけで大きく見た目も変わります。

また見た目だけでなく代謝もよくなり運動効率も上がります。

そして歩幅を広げることで認知症の予防にもなるそうです。

歩幅を広げれば長生きできるという結果の研究もあるようです。

姿勢を正す。

颯爽と歩くには、姿勢を正すことが必要です。姿勢が良くなければ見た目も変わります。

姿勢を正しくすることで肩こりも軽減されます。

ウォーキング大会を見ていると多くの方が大なり小なり猫背で歩く癖がついているように感じます。

あごを引ひいて姿勢よく歩くだけで変わります。

スポンサードリンク




手を振る。

手を振ることで自然と足も動きます。肩甲骨周りも動かせば肩こりも予防できます。

手を振れば運動効率も上がります。

せっかく運動するのに効率を上半身も使い効率をあげましょう。

トレーニングでは軽い鉄アレーを持って歩いたほうが自然に見えると思います。

身なりを整える。

くたびれた服装でいくら颯爽と歩いても、 颯爽とした姿には見えません。

見た目を意識するかしないかで、見た目は大きく変わってきます。

ウォーキングを行う時も、ユニクロのスポーツタイプの服を着るだけでも見栄えが変わってきます。

当然お金に余裕があればスポーツブランドを身に着けたほうがさらに見栄えよく見えます。

明るく、元気よく!

暗く、怒った顔で歩いていても楽しくないし、 見た目も悪いです。

へらへら笑うのも考え物ですが「笑う門には福来る。」です。

そして元気よく歩くテンポも必要です。

 

ある程度の体型維持

卵が先か、鳥が先かですが、颯爽と歩くにはある程度の体型維持が必要です。

歩くことである程度の体型を維持しましょう。

食事を少し意識して、運動を継続すれば意外と簡単にできます。

スポンサードリンク