東京マラソン走ってきました。

東京マラソン走ってきました!

2019東京マラソンに参加し42.195完走しました。

タイムは4時間切り、サブ4を目指していましたが4時間30分でゴールしました。

東京マラソン

DSC_0706

テレビでも放送していたのでご存知の方も多いと思いますが、
今回の東京マラソンは雨、風、寒さと最悪のコンディションでした。

とにかく寒かった。

というのが印象です。

スタートまでの待ち時間は捨てるつもりで古いフリースを持っていたのでなんとか寒さはしのげましたが、スタートしてからすぐに手袋の二重重ねしているにも関わらず、手が凍傷の一歩前みたいな状況になりました。

東京マラソン

DSC_0716

そんな不安を抱えながら走っていると、雨風のせいか全く距離が伸びません。

まだ5Kmしか走れてないの?

という感じでいつもの半分しか走れていない感じがずっと続きました。

20Km地点ですでに、今までのフルマラソンで経験した30Km地点にくる疲労、筋肉痛がありました。

残りあと22.195と考えるとタイムの更新はもう無理と判断し、

完走を目標に切り替えました。

だらだらと歩くことはしませんでしたが、走り続けるのに拘らず、

ストレッチも含めて呼吸を整えるために少し歩くという走り方に変えました。

スポンサードリンク



といっても過酷な状況は変わりません。

いくら走っても距離が進まないという感じはずっと続きました。

100均のカッパの上に、大きめのポンチョを着て走っていましたので風の抵抗もかなりあったのだと思います。

でもさすがに雨具を脱ぐ勇気はありませんでした。

雨でのトレーニングは一切していないので雨の中ずぶ濡れで走りきることは絶対無理だと思っていました。

多分雨具をすべて脱いで走れば少しスピードは乗っても、すぐに寒さに耐えきれずにリタイヤしていたと思います。

実際手袋をしているにも関わらず、ほどけた靴ひもを結びなおすこともできず、さらに一度脱いだ手袋もはめなおすこともできず、指先にひっかけて走るのが精いっぱいでした。

でも同じ人間なのに素手で走っているにも関わらず、自由に手を動かせている方もいました。やはり「いだてん」のように水でも毎日浴びて鍛えなければならないのかと思います。

そして30Km超えたくらいからはさらに悲惨で多くのランナーが疲労でスピードダウンし、沿道でストレッチ、エアーサロンパスを使うなど対策を行い、なんとかゴールを目指そうとしていました。

もうかなりの限界にたっしているのかフラフラになりながら歩く人も多く見かけました。

あと12.195といくら考えてもいつもトレーニングで走っている距離感と違い、ゴールまでの距離は長く、辛いものでした。

まだラストが今までのマラソンと違い最後に坂が無く東京駅までフラットな石畳の上を走るのは救われました。あれでラストが坂なら苦しかったと思います。

スポンサードリンク



でも今回のマラソンは辛かったのは確かですが

マラソンコースはスカイツリー、東京タワー、銀座、雷門、

など東京名物を色々な方向から見られてすごく良かったと思います。

晴れていれば本当に楽しかったと思います。

そして悪天候の中のボランティアの方、応援の方にも励まされました。

見ず知らずのおっさんに本当に親切に応援していただきありがとうございました。

来年も応募します。そして何度でも良い天気になるまで挑戦していきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です