インソールについて

インソールについて

私はインソール販売に関しては色々な製品で結構長く携わっています。

一時はオーダーインソールの制作販売で全国の百貨店を廻っていた経験もあります。

脚と靴の相談会という感じでの販売でしたので、知識を得るために色々な本で勉強しました。

そんな経験からいうとインソールは最初からセットされているものより、

別売りで販売されているインソールに入れ替えたほうが良いということです。

ドイツの靴のコンフォートシューズ、ウオーキングシューズには凹凸がかなりあるインソールが最初から入っています。

有名なブランドで言うと「ビルケンシュトック」を見ればよくわかると思います。

でも日本のコンフォートシューズ、ウオーキングシューズには価格にかかわらず、さほどしっかりしたインソールはセットされていません。

それはなぜかといえばしっかりとしたインソールを最初から入れると試履き段階で履く人を選んでしまうからです。
スポンサードリンク



どういうことかといえば
足の形状は千差万別で少しでも凹凸があれば痛い、違和感があると敬遠される方がいるからです。

またあまり凹凸をしっかりすると通気性でも問題がある場合もあるようです。

そんな様々な理由から誰にでも合うように形は立体に見えても柔らかく平べったくなるようなインソールがセットされています。

そのためパフォーマンスを上げたい。ケガを予防したい。疲れを軽減したい。

など足に何らかの悩みがあれば、インソールは目的に合わして個人的に入れ替えて下さいという方式になっているのだと思います。

インソールを入れ替える理由と言えば

メーカーの考え方の違いで形状、効果などは大なり小なりありますが大まかにいうと、バランスを整える。衝撃を和らげる。といった効果が期待できるからです。

土踏まずをしっかり支えるタイプのインソールは背中を指で支えると背筋が伸びるイメージです。それだけでも違いがあります。

しかし簡単に別売りのインソールを入れ替えれば良いと言ってもインソールには色々なタイプがあります
スポーツ別、理論別、調整用、衝撃吸収材など本当に色々なタイプがあります。

そのため目的を決めて、できれば自分の足の形状を確認することをお勧めします。

最近は多くのインソール取扱い店では、インソールや靴を販売する際、足の裏の圧力をプリントしたり、機械で色々測定したり、など様々な方法で足裏状態をチェックするサービスを行う販売店が増えています。

測定してみると色々なことがわかります。

偏平足だったりアーチが高かったり前に体重がかかっていたりなど色々読み取ることが出来ます。

自分の足の状態を確認し色々試してみて購入すれば良いと思います。

ちなみに私が今使用しているインソールは普段はスーパーフィートというインソールで、ランニング時はシダスというインソールです。

使用する理由として、スーパーフィートは土踏まずを支える一般的なインソールと異なりかかとから足を整えるタイプで使い始めはバランスを整えていくため矯正されているような痛みが少しあり慣れれば姿勢が良くなった感じがしたからです。

ただこのインソールはメーカーの勉強会にも参加していたので多少洗脳されているかもしれません・・・。

ランニング時のシダスはインソールでは有名なブランドでスポーツ別でインソールを作っています。

私はその中で走る目的で作られている「ラン」というタイプを使用しています。

このインソールは土踏まずのサポートに加えてかかとに衝撃吸収、前足部に反発するクッションが付いていて走りをサポートしてくれます。

とにかく色々なインソールを試してみるのをお勧めします。

インソールは高ければ高いほど良いというものでもなく、

オーダーすればそれで充分かと言えばそうでもないように思います。

効果を感じながら自分の足に合ったインソールを確かめることが肝心です。

色々なインソールについて解説しています。
参考にしてみて下さい。
「中敷き、インソールについて」
スポンサードリンク



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です