体幹を鍛える。

体幹を鍛える。
「颯爽と歩く。」のに必要なのはぶれない姿勢だと最近感じています。

「体幹を鍛える。」という言葉はよく聞くと思います。

筋トレで体を鍛えれば筋肉が大きくなり見た目でも効果がわかりますが、
体幹を鍛えると言われてもあまりピンときませんでした。

体幹トレーニングは一部のアスリートがストイックに取り組んでいるだけのトレーニングという認識でした。

でもフルマラソンにチャレンジする際、

色々なランニングに関する本を読んでいると

腕立て伏せのひじを曲げた状態をキープする体幹トレーニングが多く紹介されているのに気が付きました。

フロント・ブリッジというトレーニングだそうです。(検索してみてください)

このトレーニング方法はランニング界では有名な体幹トレーニング方法のようです。

 

 
スポンサードリンク




あまりにも多くの本で目についたので、とりあえず素直に受け入れて私も始めることにしました。

私が読んだ本によるととりあえず一日1分でいいみたいでしたので

朝、ティファールでお湯を沸かしている間に行う癖をつけルーティン化しました。

多少忘れた日もありましたがマラソントレーニングを始めて半年間ほぼ毎日続けています。

(最初は1分間でもプルプル震えていましたが今は100秒位耐えています。)

ランニングフォーム作りと登山の下山の際にも効果があると思って続けていますが、

効果が実感できるようになったのは最近です。

マラソンの際にも知らず知らずに効果があったのかもしれませんが、

最近は普通に立っているだけでも芯がしっかりしたというか、シャキーンとしているというか、大げさに言えば身長が伸びたように感じます。(伸びていないと思いますが・・・)

継続は力なりと言われますが本当に体幹トレーニングもそうなのかもしれません。

ボディビルのようにはっきりと効果が見えるものではないので継続は難しいのかもしれません。

まあ何かのプラスになるという軽い認識程度で取り組んでみると良いと思います。

興味がある方は
バランスボールなど色々な体幹トレーニングがあるので一度継続して続けてみて下さい。

スポンサードリンク




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です