富士山に行ってきました。

ついに富士山を登りました。

「いつまでも颯爽と歩く。」を目指して始めたウォーキングから進化して、ついに富士山に行ってきました。

大阪~富士宮まで夜行バスで行って、

白糸の滝

その日は白糸の滝、田貫湖を観光し、

富士宮やきそばを食べて、次の日に備えました。

富士宮やきそば

富士宮やきそば

当日の朝、富士宮口五合目までのバスの出発は6時半位でしたが、一応二時間前に起きて

ストレッチなどを行い体がゆっくりと目覚めるように努めました。

ふと外を見ると、ずっと曇りのため見えなかった富士山が窓越しにようやく見えました。

富士山

富士山

 

約二時間バスに乗り富士宮口五合目に到着です。

あいにく天気はどんよりしていたのでけっして景色はよいことはありませんでしたが

いよいよ富士登山が始まるという喜びと不安でした。

とりあえず高山病予防のため30~40分位空気の薄さになれるようにメールしたり写真を撮ったりして待機しました。

スポンサードリンク



 

いよいよ登山開始です。さすが日本一の山です。

富士山登山口

富士山登山口

 

観光地としてしっかり整備されています。

登山口もわかりやすく迷うことなく登りだしました。

登山風景

登山風景

道もきちんとロープがはられたり石に矢印が書かれたり、

案内矢印

案内矢印

すごくわかりやすく観光地として整備されている印象です。

日本人だけでなく、海外からの登山者も多いのでしっかり管理しているのだと思います。

登っているときに感じたのは、低山登山より歩きやすいということです。

余計な?木や草や、虫もいないのでもくもくと歩けます。

今回は、あいにく天気が悪くて景色はあまり見えませんでしたが、あっという間に7合目、8合目とたどりつけました。

登山標識

登山標識

途中挫折も想定していましたが、これは登り切れるという感触にだんだんと時間を忘れて変わっていきました。

実際登りに約5時間かかっているにもかかわらず

一心不乱に登っていました。

そうこうしているうちに

ようやく頂上に近づきました。

頂上に近づくにつれ、

だんだんと霊峰という感じになり、鳥居が設置されていました。

富士山の鳥居

富士山の鳥居

いよいよ頂上に到着です。

頂上にたどり着いた時、

当然、達成感と喜びもありましたが、雨と汗でカッパの中はびっしょびしょで気温の低下もプラスして寒さに震えている状態でした。

富士山頂上

富士山頂上

すぐに有料トイレに駆け込み肌着を着替えて、フリースを着こみようやくほっとすることができました。

でも雨は降り続けているので、

頂上の神社でお守りなどありましたが、手はふやけ、びしょびしょでしたので触れることもできず

拝むのが精いっぱいでした。

晴れていればもっと色々なことが楽しめたのだと思います。

頂上にたどり着けましたがまだ下り約3時間が待っているので

そうそうにきりあげて下山にとりかかりました。

下山は最初のうちは慎重に歩けば問題ありませんでしたが、徐々に体力が奪われているのがよくわかりました。

それは滑ることが多くなってきたからです。

他の登山者が普通に歩いているような箇所でも滑り、2回軽くこけてしまいました。

7時間も8時間も歩き続けているのだから当然かもしれません。

ケガだけしないようにスピードを落とし、ゆっくりと歩き、なんとか無事下山することができました。

朝8時半から登り、16時半に下山完了でした。

無事下山できた安心感、登山終了の達成感もありましたが、

下山してからも汗と雨でびしょびしょでトイレで着替えましたが、あまり着替えを持ってきてなかったので半濡れの状態でバスがくるまで寒かったのが印象てきでした。

あと一枚長袖Tシャツを持っていればもっと達成感にひたれたと思います・・・。

でもやり切り感は相当なものです。

今後も目標を持って、いつまでも颯爽と歩けるようにチャレンジし続けたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です